FXマニア<θ◇θ>豪ドル好きな店主のあれだ。あの~、あれっ?!

FXマニア、豪ドル好きな店主の、FX取引で豪ドルに影響のある事柄について主に書いていくブログ。

カテゴリ: 欧州通貨

こんばんは。ニコニコ




ポンドも堅調なのも緩和バブル弾けるまで続くのかな? 


週足もグングン伸びてますね。

gbpjpyw

当たり前のように年初来高値更新も簡単に確認出来ました。


暴落なんて私には想像できません。



FRBの緩和パワーに脱帽・・・



メインブログは、FXマニア〈θ◇θ〉豪ドル好きな店主のブログ
不定記更新の、豪ドル好きな店主のFXマニア〈θ◇θ〉的な不定記
店主も見てね。ニコニコ

投資は、ご自分の判断で。ニコニコ


 

★為替テクニカル情報なら、FX テクニカルトレード派ランキング

為替投資情報なら、為替ブログ 為替投資情報

他にも情報の集まる為替投資情報ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おはようございます。ニコニコ



テクニカルのせいか緩和バブル継続もあってなのかクロス円堅調。 



ユーロ円も年初来高値更新してましたね。

eurjpyw

GW辺りのインチキ臭い押し目は買われやすいような気がします。


セルインメイは、過去の迷信なのかもしれません。





メインブログは、FXマニア〈θ◇θ〉豪ドル好きな店主のブログ
不定記更新の、豪ドル好きな店主のFXマニア〈θ◇θ〉的な不定記
店主も見てね。ニコニコ

投資は、ご自分の判断で。ニコニコ


 

★為替テクニカル情報なら、FX テクニカルトレード派ランキング

為替投資情報なら、為替ブログ 為替投資情報

他にも情報の集まる為替投資情報ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは。ニコニコ




リーマンショック後の動き以上に大規模な緩和でユーロポンドもですが、豪ドルも・・・


そんなイメージで見てしますのですが・・・

eurgbpaud


緩和量が断然違うのからか、リーマンショック後の動きを見ますとユーロ安ポンド高以上に豪ドル高が進んでいたようです。


2020年3月からも似てる動きに見えるのですが・・・


まだ緩和し続けるのですから、そうなりますと・・・




メインブログは、FXマニア〈θ◇θ〉豪ドル好きな店主のブログ
不定記更新の、豪ドル好きな店主のFXマニア〈θ◇θ〉的な不定記
店主も見てね。ニコニコ

投資は、ご自分の判断で。ニコニコ


 

★為替テクニカル情報なら、FX テクニカルトレード派ランキング

為替投資情報なら、為替ブログ 為替投資情報

他にも情報の集まる為替投資情報ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは。ニコニコ






緩和バブル2021強い豪ドル変化無し。 



ユーロ豪ドルで確認。


4時間足。

ea

ダウントレンド継続です。


1時間足。

ea1

上の抵抗線を越えない事には4時間足の抵抗も当たり前ですが越えることは不可能です。


おやすみなさい。





メインブログは、FXマニア〈θ◇θ〉豪ドル好きな店主のブログ
不定記更新の、豪ドル好きな店主のFXマニア〈θ◇θ〉的な不定記
店主も見てね。ニコニコ

投資は、ご自分の判断で。ニコニコ


 

★為替テクニカル情報なら、FX テクニカルトレード派ランキング

為替投資情報なら、為替ブログ 為替投資情報

他にも情報の集まる為替投資情報ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは。ニコニコ



緩和バブル2021ポンド円14本目の週足陽線どこまで続くのか?

g

トレンドなのに勝手にそろそろとか考えちゃ危険ですね。


強烈なバブルきてます。





メインブログは、FXマニア〈θ◇θ〉豪ドル好きな店主のブログ
不定記更新の、豪ドル好きな店主のFXマニア〈θ◇θ〉的な不定記
店主も見てね。ニコニコ

投資は、ご自分の判断で。ニコニコ


 

★為替テクニカル情報なら、FX テクニカルトレード派ランキング

為替投資情報なら、為替ブログ 為替投資情報

他にも情報の集まる為替投資情報ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ